「なりたい」を叶える

NailDesign
ホーム > ネイルデザインブログ > 働き方紹介 > 役職者の道を勇往邁進!ネイルデザインを盛り上げる頼れる存在!【働き方紹介】

ネイルデザインブログ

キーワードから探す
独立開業イベント価格改定消費税増税prish町田店株式会社ネイルデザイン秋ネイルランキング国民健康保険社会保険就職講座適正ジェルネイル技能試験ネイリスト技能検定試験妊娠産前産後ハンドクリームハンドケア保湿ジェルオフセルフネイラー便利グッズネイリスト検定1級木の実アート合格ポイントネイル講座プリントネイルネイリストの仕事仕事内容面接必勝法よくある質問2018年秋期ネイリスト技能検定試験検定アート木の実検定2級ネイルプリンター新卒新人教育ネイリストライフ全社集会表彰賞与スピード職場環境結婚ネイルアート検定対策ネイルスクール資格費用キャリアアップ本部マネージャーサポートネイルデザイン研修制度休日出勤研修有給休暇ブランク雇用環境サロン選びチームワーク服装TPO資格新宿店横浜店副店長人間関係経験者prishやりがい店長異動プライベートシンプルネイル未経験prish Labprish Lab☆スクールキャンペーンウォーターシール100均ネイルネイルシール楽しいところ認定講師スクール講師コンテストスタッフジェルネイルセルフネイルネイルサロンポリッシュクリスタルピクシーピクシーネイル面接スワロフスキーアピアランスウォーターマーブル夏ネイル赤ちゃんビーチ家事育児検定アート福利厚生働き方、未経験、休暇お知らせ働き方ネイリスト

役職者の道を勇往邁進!ネイルデザインを盛り上げる頼れる存在!【働き方紹介】

経歴

前職:アパレル 営業職
2016年5月:アルバイト入社(新宿店配属)
2016年12月:上野店異動
2017年6月:新宿店異動
2017年8月:社員昇格
2018年6月:銀座店異動
2019年5月:副店長昇格
2019年6月:新宿店異動
2019年12月:渋谷店異動

ネイルデザインを選んだ理由は何ですか?ネイリストになろうと思ったきっかけから教えてください。

たまたま図書館で見たネイルの本で、小さな爪の上に絵を描いた写真を見てその繊細さに驚きました。
昔から絵を描くのが好きだったので、私もこんな小さい所に描いてみたいという想いが芽生えたのがきっかけです。
丁度その頃に転職を考えていたので、ネイリストを目指し始めました。
ネイルサロンを探す中で、お店の雰囲気がギャルっぽかったりアジアンテイストが多かったのですが、prishは自分に合った雰囲気だったので、ここに決めました。
ネイル未経験でしたので、雇って頂ける上、給与や福利厚生が満足いくものだったのも選んだ理由の一つです。

デビュー後の経験談を教えてください。

配属後はすぐに、ネイリストとしてお客様に入ることが出来る為、新人感を出さないように研修やスクールで習ってきたことをフル活用しました。
しかし初めの頃は、技術に満足して頂けずご指摘されたり、お直しをされに来るお客様もおりました。
沢山失敗をして落ち込むことも多々ありましたが、周りのスタッフの方が元気づけてくれたお陰で頑張る事が出来ました。
ネイルデザインのスタッフは、未経験からのスタートが多いので同じ道を通って来た部分で気持ちを分かってくれるのも、デビューしたばかりのスタッフにとっては心強いことです。

役職者を目指したのは何故ですか?目指すために取り組んだことなどはありますか?

前職では役職者になるということ自体考えられないほどに、楽しそうに見えず大変そうでした。
しかし、ネイルデザインは違うと感じました。
もちろん大変そうな時はありますが、その中でも皆がそれぞれにやり甲斐を持って働いている姿が輝いていて、目指したくなるような存在だったからです。
目指そうか考えた時に、当時一緒に働いていた役職者や社員のスタッフの方々が背中を押してくれたことで、目指す決意が出来ました。
目指すために取り組んだことは、視座を変え相手の立場になって考えることです。
それが一番苦手だった為、自分の行動一つ一つに対して「あのとき大丈夫だっただろうか?」「相手はこう思ってしまうのではないか?」と今までより慎重に行動するよう心がけました。

prishで役職者になって感じている事は何かありますか?

スタッフの成長をダイレクトに感じています。
責任者という立場なので、スタッフの悩みを直接聞く事が多く、アドバイスをすることも増えました。
悩みが改善されて、成長を遂げていく姿を見れるのは嬉しい事です。
なかなか改善出来ないスタッフもおりますが、出来るようにならない歯がゆさを感じている部分は過去の自分を見ているようで、頑張って乗り越えて欲しい気持ちで応援したくなります。
役職者になるまでの社員の期間が長かったので、その頃の自分の経験や失敗を思い返して、アドバイスをしたり練習に付き合っています。
社員の頃から悩みを聞くことはありましたが、今は責任を持ってスタッフ1人1人の改善に務めるようになったので、スタッフが成長したときはとても達成感があります。

「痛ネイル部」を発足し、部長になられたようですが、どのような部活なのか教えてください。

ネイル好きの方はご存知の「痛ネイル」というものを描く部活です。
1ヶ月に1度、予定を合わせて営業後に行っているのですが、参加スタッフの描きたい絵柄の中から1つをお題にして、みんなで練習しています。
元々は私がスタッフに対して痛ネイルをしていたのですが、描きたいスタッフが集まってきたので、部活として発足しました。
部員は、痛ネイルが好きな人だけでなく、細かい線が描けるようになりたい人、新人さんなど様々です。
各店舗のやりたいスタッフが集まっているので、関わったことのないスタッフとも交流が出来るのが良いところです。
prishでは出来ないような線の使い方や商材を使用する為、最初は皆悪戦苦闘していますが、何度か回数を重ねていくうちに上達していく様子が見られます。
痛ネイルが上達して自分の好きなキャラクターが更に上達したり、以前よりも施術で細いラインを描くのが楽しくなったとの声があがっています!
2019年4月に3人でスタートしましたが、今は部員数20人までになり驚いています。
スタッフのみんなは、あっという間に上達していくので、私も抜かされないように更に精進し盛り上げていきたいと思います!


今後ネイルデザインに望むことは何かありますか?

特に望むことはなく満足して働いています。
ネイルデザインは良い意見はすぐに取り組んで頂ける柔軟な会社です。
いつかは、自分のサロンを立ち上げて、大好きな痛ネイルを施術出来るようになりたいと思っています。
その時に様々な出来事やトラブルに対応出来るように、この会社で沢山経験を積んでいきたいと思います!

この記事を書いた人

マネージャー

採用担当

設計事務所勤務から未経験でネイリストへ転職。
約5年間のサロン勤務(ネイリスト・店長)を経て本部にてデザイン・広告・採用等を担当。

現在は働くママとして日々奮闘中!

関連記事

キーワードからさがす

すべてのネイリストとネイリストを目指す人へ!ネイルデザインブログ

Follow me!! ネイリストブログをフォローする

facebook Twitter instagram LINE