「なりたい」を叶える

NailDesign
ホーム > ネイルデザインブログ > ネイリストを目指す人へ > ネイリストに資格は必要なし!検定取得はメリットもあり・独学も可能?求人・就職の現状

ネイルデザインブログ

キーワードから探す
prish町田店株式会社ネイルデザイン秋ネイルランキング国民健康保険社会保険就職講座適正ジェルネイル技能試験ネイリスト技能検定試験妊娠産前産後ハンドクリームハンドケア保湿ジェルオフセルフネイラー便利グッズネイリスト検定1級木の実アート合格ポイントネイル講座プリントネイルネイリストの仕事仕事内容面接必勝法よくある質問2018年秋期ネイリスト技能検定試験検定アート木の実検定2級ネイルプリンター新卒新人教育ネイリストライフ全社集会表彰賞与スピード職場環境結婚ネイリストデビューネイルアート検定対策ネイルスクール資格費用キャリアアップ本部マネージャーサポートネイルデザイン研修制度休日出勤研修有給休暇ブランク雇用環境チームワークTPOサロン選び服装資格新宿店横浜店副店長人間関係新宿経験者prishやりがい昇格店長異動プライベートオープニングスタッフ未経験無資格シンプルネイルprish Labprish Lab☆スクールキャンペーンウォーターシール100均ネイルネイルシール楽しいところ認定講師スクール講師コンテストスタッフジェルネイルセルフネイルネイルサロンポリッシュクリスタルピクシーピクシーネイル面接スワロフスキーアピアランスウォーターマーブル夏ネイル赤ちゃんビーチ家事育児検定アート福利厚生働き方、未経験、休暇お知らせ働き方ネイリスト

ネイリストに資格は必要なし!?採用担当が語るネイリスト技能検定試験について


ネイルが大好きで、ネイリストという職業に憧れや興味を持っている女の子は、実はとても多いんです。
ネイリストに興味を持ったのと同時に耳にするようになる「検定試験」、ネイリストになるためには検定試験は持っていないといけないのでしょうか?

また、検定を取ることでのメリット、採用側から見た現状、取得のための近道などなど、お話していきたいと思います。

検定を取る?取らない?なりたい将来で変わる必要性

ネイリストになるには資格は必要か?

結論から言うと、資格は必要ではありません。この資格を持っているとネイリストになれるという資格はありません。

ですので、検定は持っていなくても技術と知識さえあれば誰でもネイリストとして働くことができます。

しかし、ネイルサロンの募集条件の中には、検定を所持していることが条件のサロンも一部ですがありますので、
もし自分の就職したいネイルサロンが検定所持を条件にしていれば検定の取得は必須と言えますね。

(ちなみに、私たちネイルデザインでは検定は必要ありません。オリジナルの教育プログラムがあるので、検定はなくても安心して働けます。
最近では、大手のサロンは資格や経験不問の会社が増えてきました。)

そして、将来、スクールの講師になりたい!という夢を持っているなら、こちらでもまた検定は必須と言えます。
認定講師資格をとるためには検定を持っていることが条件になりますからね。

自分が目指す将来の像によって資格が必要かどうかは変わってきます。
こう考えると、実は多くの場合は検定をとらなくても大丈夫なんですね。

 

検定をとることのメリット

さて、検定はなくてもネイリストになれると言えども、持っているとメリットもあるんです。

 

サロンへの就職

先ほども触れたように、ネイルサロンへの就職の際に、募集条件とされていることがあります。検定1級まで持っていれば選べるサロンは多くなります。
募集条件にはなくても、1級に一度で合格したと履歴書に書けば、「なかなかセンがいいのかな」と採用側も期待を持ちます。なかなか難しい試験ですからね。

手当がプラス

級に応じて基本給にプラスして手当がもらえる事があります。「1級所持+経験〇年以上」など、条件が付く事もあります。

 

JNA認定講師資格の受験資格

認定講師になるには必ず必要な為、検定に合格するのが早ければ早いほど認定講師への道もスムーズです。

 

正しい知識が身につく

検定を受けなければ勉強することがなかったような専門的な知識が身につくので、お客様へも正しいご案内ができるようになります。
爪の病気があるのに、わからないまま施術をして悪化させてしまうようなことはあってはならないですからね。

 

お客様からの信頼

検定所持と聞くと、安心されるお客様もいらっしゃいます。エプロンに1級バッジがついてるとちょっとカッコよく見えます。

 

自身のステップアップ

ネイルの勉強をしていく中で、自分のレベルがどのくらいなのか、確かに技術が伸びているのか、力試しになります。
検定合格を短期的な目標に定め、一歩一歩クリアしていくことで自信につながります。
スクールに通っていたころの私にとってはこの意味合いが一番強かったです。

 

ネイルの検定試験ってどんな種類がある?


では、そんな検定試験、どんな種類があるのか紹介していきます。

検定試験とは、おもにネイリスト技能検定試験とジェルネイル技能検定試験のことをさします。
過去に合わせて86万人以上が受験している歴史ある試験です。

その実績と信頼性で、サロンでも検定を持っていることを1つの目安にしているところがあるのです。
検定試験2種類を簡単に説明しますね。

ネイリスト技能検定試験

【主催】
公益財団法人日本ネイル検定試験センター(JNEC)

【レベル】
1級…トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術及び知識。
2級…サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートに関する技術及び知識。
3級…ネイリストベーシックのマスター。ネイルケア、ネイルアートに関する基本的な技術及び知識。

【合格率】
1級…40~45%前後
2級…50%前後
3級…90%前後

【開催】
1級は春秋年に2回
2・3級は春夏秋冬年4回

ジェルネイル技能検定試験

【主催】
NPO法人日本ネイリスト協会(JNA)

【レベル】
上級…ジェルネイルのスペシャリストとして必要とされる総合的知識と技術の修得
中級…ネイルケアとジェルネイルを施術するためにプロとしてサロンワークに必要な専門知識と技術の修得
初級…ネイルケアのベーシックマスターとジェルネイルを施術するために必要な基礎的知識と技術の修得

【合格率】
上級…62.4
中級…68.9%
初級…81.1%

(2017年12月試験結果より)

【開催】年に2回
(2018年は6月と12月に行われます)

 

独学での検定取得は難しい?

 

3級やジェル検初級であれば独学でも合格することはできますが、1級やジェル検の上級を取りたい場合はスクールに通うほうが賢明です。

検定試験は、技術の仕上がりだけでなく、その工程も審査対象になります。知らないうちに減点や失格になることをしてしまっている可能性もあります。

ネイルスクールに通うと、試験官経験者に指導してもらうことができるので、合格率はグンと上がります。
費用はかかりますが、何度受けても合格できず何年も経ってしまうよりずっと効率的と言えます。

通信制のスクールでも、検定は2級まで、ジェル検定は中級までの対応となっていることが多いので、
直接指導を受けないと1級や上級の合格が難しい事情を感じますね。

何級までとればサロンで通用する?

何を目的に検定を受けるかによって何級まで取るべきかは変わってきます。
就職の条件が2級であれば2級をとれば良いですし、胸をはって「検定持ってます!」と言いたければぜひ頑張って1級までとってくださいね。

!!ただし!!
サロンで通用するのはまだまだ先のこと。
勘違いしてはいけないのが、「検定持ってれば安心」ではないことです。
1級や上級を持っていても、「プロとしてのスタート地点にやっと立てたあかし」でしかないんです。

私は採用担当をしていたことがありますが、検定を持っていても実際にサロンで働いた事がない場合やお客様に入ったことがない場合は、最初は全く戦力になれない人がほとんどです。

だから私たちネイルデザインの求人では資格は問いません。
独自の教育プログラムによって初心者でも早く技術を身に着けられるので効率的ですし、サロンワークで必要な技術を教わるのでスタッフにとっても安心です。

入社後に検定を受けたい場合は、働きながら検定を取ることもできます。本部認定講師から直接指導を受けられるのも大きなポイントです。

少し話がそれましたが、どのサロンでも検定より経験重視なのは絶対です。
検定で得た技術と知識は、経験により磨かれてプロのネイリストになれるのだと思っています。
検定を取ってからこそが努力のしどころ&腕の見せどころですね。

検定が先か就職が先か迷う!どっちが有利!?

スクールにゆっくり通って、検定を取って自信をつけてからサロンに就職したい!という方も多いと思いますが、私は「早くサロンに出た者勝ち」だと思っています。
先ほども触れましたが、ネイリストの仕事はなんといっても経験がものを言います。

自分が半年先の検定に向けて練習している間に、就職して先にサロンデビューした友達がいたとしましょう。
半年後にどちらがネイリストとして力がついているかといえば明らかに後者です。
半年の間にこなしたお客様の数だけ技術はあがりますし、サロンでの時間を意識しての施術はスピードも上がります。

なによりネイルの技術に慣れるため、検定試験でも効率的な時間配分でスムーズに作業ができます。

サロン勤務しながら検定のための練習に費やせる時間は少ないかもしれませんが、その分集中して効率的に練習できますし、ぜひおすすめしたいです。

就職希望先が検定取得が条件でない限りは、ぜひ早く現場に出て早く技術を身に着ける事も考えてみてくださいね。

その場合、認定講師が在籍していて、そのサロンで検定に向けての指導が行われているかが大きなポイントになりますので、必ずチェックしてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
検定は取るものだ!取らないと就職できない!と思っていた方もたくさんいると思いますが、就職してから検定をとる道、検定をとらずに経験とセンスを磨いてネイリストとして勝負する道、選択肢はたくさんです。

ご自身が満足できるカタチを選んで素敵なネイリストになってくださいね。

 

この記事を書いた人

ネイルデザインブログ編集部

ネイリストが運営するネイルデザインブログの編集部です。仕事としてネイルに関わる人、お客様や趣味としてネイルに関わる人、それぞれの役に立つ記事を書いています。

関連記事

キーワードからさがす

すべてのネイリストとネイリストを目指す人へ!ネイルデザインブログ

Follow me!! ネイリストブログをフォローする

facebook Twitter instagram LINE