「なりたい」を叶える

NailDesign
ホーム > ネイルデザインブログ > 一般ネイル女子へ > 【動画あり】ネイルアート「ウォーターマーブル」が簡単にできる方法!おすすめプチプラポリッシュ紹介!失敗の原因教えます!

ネイルデザインブログ

ウォーターマーブルで夏ネイル!ポリッシュにもジェルにもOK♪

 


みなさん、ウォーターマーブルをご存知ですか?
ポリッシュ(マニキュア)をお水にたらして模様を作るアートですが、これがまためちゃくちゃ可愛いんです!
夏っぽい!爽やか~~!!!なアートにピッタリ!!
アレンジや色次第ではブライダルにだってイケちゃうおしゃれアートなんです♡
今回はそんなウォーターマーブルの、作り方、細かいポイント、おすすめポリッシュなど、徹底紹介します!
ウォーターマーブルを初めて知った方も、もっと上手に仕上げたい方もこれを読んでマスターしちゃってくださいね。

ウォーターマーブルのやり方

用意するもの

・ポリッシュ
・小さめの紙コップなど汚れてもいい容器
・つまようじ
・水
・キッチンペーパー

作り方(動画あり)

①紙コップに水を多めにいれます。
②使うポリッシュをあらかじめフタをゆるめてスタンバイしておきます。
③水にポリッシュをポタっと次々に垂らしていきます。
④つまようじで紙コップの周りに被膜を固定させていきます。(⑤でずれないように)
⑤つまようじで切るようにして好きな模様を作っていきます。
⑥転写させたい好きな模様の部分にチップをつけます。
⑦余分な部分をつまようじで取り除きます。
⑧チップを出して、乾いたらトップコートを塗って完成です。

※自分のネイルに直接する場合は、爪以外の部分にマスキングを貼ったり、保護剤を塗ったりして、ポリッシュを取り除きやすいようにしておきましょう。

私は救急箱に入ってるサージカルテープを使いました。



失敗しないためのポイント

・ポリッシュはサラサラなものを使う
→ドロドロだったりパールやラメの入った重いポリッシュだと沈んでしまったり広がらなかったりします。

・ポリッシュを垂らすときは、低い位置からそっと落とす
→高い位置から落とすと球体になって沈んでしまいます。

・作業は手早く!
→モタモタしていると、ポリッシュの被膜が固まって模様を描けなくなります。だからフタを開けて準備しておくんですね。
スピードは動画で確認を!!結構テンポよくサクサクすすめないといけませんよ!

・紙コップのフチまでポリッシュが広がるように垂らす(垂らす回数を重ねる、または垂らす量を多めにする)
→広がりきっていないと模様をつくるときに空白の部分(水の部分)が出てきてしまい、キレイな柄がでません。

いろいろな模様を作ってみよう

垂らす回数や模様を切る回数によって、多いと繊細な模様に、少ないと大胆な模様にできます。
お気に入りの柄ができた位置にチップをくっつけましょう!


写真の左2枚のチップはかなり細かく模様をきっています。動画のチップは左から3枚目ですが、これに比べて3倍くらいの回数模様を切りました。
一番右は動画とほぼ同じ切り方でチップをつける位置(角度)を変えました。

使う色によっては夏だけでなくオールシーズンいけちゃいます。
いろいろ試してオリジナル模様をつくってみてくださいね。

おすすめポリッシュ

サラサラで発色の良いポリッシュがおすすめです。
100均のモノでも可愛くできます。何色も使いたいのにお高いポリッシュだと手が出せませんよね。
安心してください!私はダイソーで調達したポリッシュでやっています。
色も可愛いですし使いやすかったので紹介しちゃいます!


カラーバリエーションがウォーターマーブルにピッタリ!!
「高発色パステルネイル」だなんて、またまたウォーターマーブルにモッテコイじゃないかー!!
と思って全部買いそうになったくらいです。
白は多めにあったほうがいいです。淡い色同士の場合にカラーとカラーの間に入れることでハッキリ模様を出せますし、柔らかい印象のアートを作ることができます。

ついでに100均のアートシールも買って、組み合わせてアレンジするのも良いですね♪

作り置きできるんです!

実はウォーターマーブル、作り置きできるんです。びっくりですよね。
模様をシール台紙につけて乾かせば、切って貼れるんです!

剥がす時はそ~~っとピンセットでゆっくり剥がしてネイルにピッタリ貼り付けます。
チップや爪に未硬化ジェルが少~~~し残ってるほうがくっつきやすかったです。
周りの要らない部分を慎重に取り除いて…(私は雑にやったら左上が破けて欠けました…)
慎重に…!


完成です! (敗れて欠けてしまった部分はラメやホロ、金箔などでごまかしましょっ!)

ジェルの上にする方法

残念ながらウォーターマーブル自体はポリッシュでしかできません。
しかしジェルの上にすることはできるんです!

ここではポリッシュ×ジェルってどうやってやるの・・・?という疑問にお答えします!
まず、ベースジェルとベースカラー(なくても可。白パールやシアー系の淡いピンクを塗っておくと、模様の発色が良くなります)を塗って、
トップジェルまで仕上げてしまいます。
その上にウォーターマーブルで模様をつけ、ポリッシュの速乾トップコートで仕上げます。

基本的にジェルにポリッシュを挟み込むのは持ちが良くないと言われていますが、
ジェルでコーティングしたい場合は、乾いたポリッシュの上からトップジェルを塗布しても大丈夫でした。
私の使ったトップジェルは、プリジェルのキャンジェル(ノンワイプ)です。


※お持ちのジェルとポリッシュとの相性にもよります。

ウォーターマーブルデザイン紹介

今回、ウォーターマーブルで作ってみたデザインをご紹介します。

先ほどの100均のネイルシールを貼って作ってみました♪


夏らしくて可愛いですよ~~~♡

アレンジいろいろ

浅めの大きい容器に使わなくなったポリッシュを垂らして、ケータイのカバーやフラワーベースなどに転写させれば、オリジナルのアート作品ができちゃいます。
これはオモシロイですね♪♪

私は今回使用したポリッシュの持ち手の部分をアートしてみました♪


特にトップコートはしてませんが、ケータイカバーなどの場合は、ホームセンターで売っているコーティング剤を塗ったり吹きかけたりすると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ハマっちゃいそうじゃないですか?♪
私はスクールで初めて習ったのですが、あまりのおもしろさに夢中になりました。
コツはなんといっても使うポリッシュを選ぶこと!コレだと思います。
「おすすめポリッシュ」を参考に、お好きなようにアレンジして世界に一つのデザインネイルを楽しんでみてくださいね。

この記事を書いた人

マネージャー

デザイン担当

講師として、試験官・審査員として幅広く活動。

ネイルデザインでは、経験を活かし採用・教育・広報・新店企画など幅広い業務に携わる。
現在は子育てをしながら、デザイン業務を担当。

関連記事

キーワードからさがす

すべてのネイリストとネイリストを目指す人へ!ネイルデザインブログ

Follow me!! ネイリストブログをフォローする

facebook Twitter instagram LINE